トリプルX:再起動

トリプルX:再起動
日本公開日 2017年2月24日
イーグルアイやアイアムナンバー4のD.J.カルーソ監督作品。本作はシリーズ3作目で、1作目のヴィン・ディーゼル主演から
2作目は主演アイス・キューブに変更。また本作でヴィン・ディーゼル復帰。
前作は製作費を回収することができず、大コケ作品となったのだが、
ヴィン・ディーゼル代表作のワイルドスピードシリーズでアクション俳優の
地位を確立したことで、トリプルXも新作制作にこぎつけた。
アメリカでは思いのほか大規模公開されるが、大ヒットになるかは難しい。
アメリカ予想売上8000万ドルぐらいかな。→5000万ドルにも満たないようです。世界興収もそこまで伸びず。
製作費は8500万ドル。
タグ:映画
【2017年公開の最新記事】

2017年公開 3D公開


3D映画

2017年 劇場公開作品



ドクターストレンジ
劇場公開日 2017年1月27日

約165億円の製作費をかけて作成された
マーベルアメコミムービー。
続編でないマーベルアメコミ作品としては
最多の製作費(アベンジャーズ除く)。



モアナと伝説の海
劇場公開日 2017年3月10日

トイストーリー等のピクサー映画は
ディズニーが権利をもっているが、
ディズニーが作成した映画ではないので間違えやすい。
本作は純粋にディズニー制作。
一般から応募された沖縄出身の女性が
主人公の吹き替えを担当。
芸能人が吹き替えすることが多いディズニーとしては
映画ファンの意向を受け入れ方向転換したのだろうか。


SING/シング
2017年3月17日

ミニオンズで有名となったユニバーサルのアニメ。
実際はユニバーサルの子会社である
イルミネーション・エンターテインメントが制作。
前述子会社は、一般的な大作アニメーション映画の
製作費のおよそ半分から6割の費用で作っているのが特徴。
ピクサーアニメーション(2016年公開でいえば
ファインディング・ドリー)と映像の質を比較すると
精密さに欠ける(じっとみないとわからない・・・)。

キングコング:髑髏島の巨神劇場公開日
2017年3月25日

ロード・オブ・ザ・リング監督の2005年公開「キング・コング」は
200億円を超える製作費の割には売上がついてこれず。
今作はどうなるのでしょうか。


レゴバットマン ザ・ムービー
劇場公開日 2017年4月1日

レゴムービーのスピンオフ作品。
専門家の予想を超える大ヒットをしたため
本作制作に至る。


美女と野獣
劇場公開日 2017年4月21日

アメリカでは批評家受けが良いとのことで、
日本でも題材的に大ヒットが見込まれる。
ダンスシーンをどう表現するかが
この映画の重要な見どころともいえるし、
そこでこの映画の作り手の腕が垣間見えるだろう。


ゴースト・イン・ザ・シェル
劇場公開日 2017年4月7日

 熱狂的ファンが大勢いると言われる日本製アニメ
攻殻機動隊をハリウッドで実写化。
日本が絡んだ映画でオオコケしている作品は
たくさんあり、ドラゴンボール実写化のあの作品や
沈黙ーサイレンスーも興行的に失敗。東京を舞台にした
ワイルド・スピード3作目は、シリーズとして
なかったことになっているような気がする。
興行収入をチェックするものとしては
本作も怪しい空気は感じる。でもがんばってほしい。


ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミック
劇場公開日 2017年5月12日

宇宙を舞台にしたマーベルアメコミムービー。
マーベル関連の映画たくさん出している昨今。すごい。



パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊
劇場公開日 2017年7月1日

世界一コスパ悪い称号をとってしまったジョニー・デップ。
オオコケ映画に立て続けに出演してしまった。
本作で挽回のチャンス。



ワンダーウーマン
劇場公開日 2017年8月25日

アメリカのDCコミックで活躍するワンダーウーマン。
ついに実写映画として暴れるよ。


スパイダーマン:ホームカミング

劇場公開日 2017年8月11日

アイアンマンも出演。
本作はペラペラしゃべる軽快なスパイダーマンに
変更。原作により近づいたみたい。
スパイダーマン制作には、ニューヨークの街並みを
飛び回ることからCGで街を再現。あのスウィングする
映像を完成していくよ。



ジャスティス・リーグ
劇場公開日 2017年冬

マーベルは「アベンジャーズ」
DCコミックは「ジャスティス・リーグ」

ホワイトハウス・ダウン

White House Down
ホワイトハウス・ダウン
アクション・ドラマ
制作費 150億円
上映時間 2時間17分

監督 「インデペンデンス・デイ」・「デイアフター・トゥモロー」・「2012」のローランド・エメリッヒ
主演 「G.Iジョー」シリーズのチャニング・テイタム


監督は、破壊描写が大好きなローランド・エメリッヒ、主演には今のりにのっているチャニング・テイタムを迎え、最近少なくなってきた王道をいくアクション映画である。
数カ月前には同じホワイトハウスを舞台にした、「エンド・オブ・ホワイトハウス」が公開されたが、この作品もホワイトハウス中心に描かれる映画である。
B級映画が大作映画を真似して作る映画は多いのだが、今回の場合は両作品ともそれなりにお金をかけたA級作品であり、どちらかが意図して真似したわけではないので安心だ。
「エンド・オブ・ホワイトハウス」は制作費70億円とそこそこお金をかけているが、この映画は倍以上の150億円と言われている。

タグ:映画

ワールド・ウォー・Z

World War Z
ワールド・ウォー・Z
アクション・ホラー
制作費 190億円
上映時間 1時間56分

監督 「007 慰めの報酬」のマーク・フォースター
主演 ブラット・ピット


とにかく公開するまでの道のりが大変だったそうだ。予定されていた制作費の大幅なオーバーや、再撮影、そして2012年冬公開だったのが半年超遅れての2013年公開に延期されるなどの様々な苦労があって、やっと公開にたどり着いた。
今までこういった事がある作品が、大ヒットになったことはめったにないのだが、この映画は世界的にヒットしており、ブラット・ピット出演作史上、最高の売上になるということで、関係者はほっとしているかもしれない。
製作時にはシリーズ化も検討していたそうなので、成績によっては今後続編も出るかもしれない。

モンスターズ・ユニバーシティ

Monsters University
モンスターズ・ユニバーシティ
アニメーション
1時間47分

ハリウッドではアニメーション部門のパイオニア的存在であるピクサーの最新作
全米では、ピクサー映画史上歴代2位(「トイ・ストーリー3」に次いで)のオープニング成績を記録
(アメリカでのオープニング成績とは、公開初日の金曜日から日曜日までの3日間の興収)
ピクサーアニメーションは、いつも批評家から絶大の支持を得ているが、今回もそれなりに評価されている。しかし、「レミーのおいしいレストラン」から「トイ・ストーリー3」までのピーク時に比べると、まだまだ完全復活にいたっていないという意見が多い

本編オープニングシーン
タグ:ピクサー

マン・オブ・スティール

Man of Steel
マン・オブ・スティール
アクション・アドベンチャー
制作費 225億円
2時間23分

監督 「300」・「ウォッチメン」のザック・スナイダー
脚本・制作 「ダークナイト」・「インセプション」のクリストファー・ノーラン

主演 「インモータル」で主演したヘンリー・カヴィル
出演者には「魔法にかけられて」・「ナイト・ミュージアム2」のエイミー・アダムス


現在どんな映画も撮らせてもらえるくらい有名になったクリストファー・ノーランが、あのスーパーマンをリブートするということで話題になった一作
題名に「スーパーマン」が一切つかないのは、「ダークナイト」でも「バットマン」をつけなかったクリストファー・ノーランらしさか
公開前に続編製作が決定しており、噂によると、早くも2015年夏公開に向けて準備を進めている模様

3D映画一覧表

2013年夏以降の

3D映画劇場公開作品

ゴースト・エージェント R.I.P.D
劇場公開日2013年10月18日



パーシー・ジャンソンとオリンポスの神々 魔の海
劇場公開日2013年11月1日



ゼロ・グラビティ
劇場公開日2013年12月13日



プレーンズ
劇場公開日2013年12月21日




くもりときどきミートボール2
フード・アニマル誕生の秘密
劇場公開日2013年12月28日




マイティ・ソー/ダーク・ワールド
劇場公開日2014年2月公開予定


ホビット 竜に奪われた王国
劇場公開日2014年2月28日




アメイジング・スパイダーマン2
劇場公開日2014年4月25日

タグ:3D

特攻野郎A-チーム THE MOVIE

The A-Team
特攻野郎A-チーム THE MOVIE

全世界総売上

$177,238,796 

配給会社: Fox公開日: 2010年8月10日
ジャンル: アクション上映時間: 1時間57分
レーティング: PG-13制作費: 1億1000万ドル


レーティング
PG−13

ラブシーン     なし    
残虐なシーン   なし     


主な特徴

テレビドラマのリメイク作品
予算をかけている映像
ありえない派手なアクション
コメディタッチ
ハッピーエンド




最近の記事