ジェリー・ブラッカイマー

よく映画の予告編で聞くジェリー・ブラッカイマーはハリウッドでも一番有名なプロデューサーで、今年公開された映画で2本の超大作を手がけました。一つ目はプリンス・オブ・ペルシャ、2本目は魔法使いの弟子で、それぞれ200億円、150億円という莫大な予算を費やしています。なのですがその両方とも大ヒットの導くことが出来ませんでした。
以前ジェリー・ブラッカイマーはトランス・フォーマーの監督マイケル・ベイの作品は全部関わっていたのですが、意見の食い違いで2005年の近未来アクションのアイランドからプロデュースしなくなり、その映画は赤字作品になったということがあり、ブラッカイマーは凄いということを証明したのですが、現在は昔ほどの勢いはないのかもしれません。 それでもハリウッドNO.1プロデューサーという肩書きは変わっておらず、映画業界には欠かせない存在であることは事実だと思います。カチンコ 来年公開にはパイレーツ・オブ・カリビアン4の超大作も手がけています。
最近の記事