トイストーリー3

DVD販売・レンタル 11月3日(水)
ストーリー
カウボーイ人形のウッディやバズ・ライトイヤーらの持ち主アンディは大学進学が決定し、おもちゃを整理することになったが、母親の手違いなどにより、おもちゃたちは保育園に寄付されてしまう。アンディに捨てられたと思いこみ傷心のおもちゃたちだったが、ウッディはただ一人アンディを信じて保育園からの脱出を試みる。



ストーリーを聞いたら普通のアニメのようですが、世界一のアニメ製作所ピクサーが作っているということもあって、おもちゃの活躍などは見ているだけで面白くあらゆる場面で笑わすところがあり、物語のテンポも良く終盤のクライマックスの展開などもよく出来ていて最後のエンディングはうまくトイストーリーシリーズを締めくくっています。 世界で初めて長編3DCGアニメ(メガネの3Dじゃなくて、奥行きがある2dアニメ 例えばワンピースとかは奥行きが無い2dアニメ)を製作したトイ・ストーリー1は当時では信じられないくらいの技術で、一つのアニメ製作所では1年に一つしか作られないほどの高度な技術でした。最近はコンピューターの進歩で年に複数本制作できるようになった現在は映像の質も光沢感や物の反射などが比べものにならないほど進化しています。主人公ウッディを見てもトイ・ストーリー1と3とではより3が本物のおもちゃに近づいています。本作はアニメ史上世界一予算をかけた作品であるため、映像はもちろん素晴らしく、特にブルーレイで観たら鮮明な画像が楽しめる作品になっています。



原題 Toy Story3
邦題 トイストーリー3
アメリカ公開日 2010年6月18日
日本公開日 2010年7月10日
上映時間 1時間43分
制作費 200億円
北米週末3日間売上 約110億円
最終売上(北米)約410億円 世界売上約1000億円

アメリカでの評価 B+
日本での評価  A+




トップページ


最近の記事