豪華な映画なんだけど出演者がいまいちわからない映画 バーレスク 2010年12月18日日本公開


          
ストーリー
ロサンゼルスにある「バーレスク」を経営するテスは、かつて有名ダンサーだったが、今は引退し指導に当たっていた。そこに田舎町から出てきた若い女性アリがやってくる。ウェイトレスとして働いていたアリだったがステージで歌声を披露すると、テスに認められ、その才能を開花させていく。

アメリカで実際に(映画の中じゃないよ)歌手として成功したクリスティーナ・アギレラが初めて映画出演した話題作の「バーレスク」なんですが、やっぱり本物の歌手ということでとにかく歌がうまいです。オーラも周りの人と違い、輝いているようにも見えます。映画の作りとしてもなにか豪華な雰囲気を漂わせる空気がしていてまさに映画って感じがします。しかしこの雰囲気やこの映画の題材がなぜ最近ミュージカル映画が多くなってきている中であえてこの時期に公開したのかがわからないといった意見も多いそうです。


出演 クリスティーナ・アギレラ

原題 
Burlesque
邦題 
バーレスク

アメリカ公開日 2010年11月24日
日本公開日    2010年12月18日 
上映時間       1時間40分
制作費      約55億円
北米週末3日間売上 約11億円

アメリカでの評価 B

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/171948894
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最近の記事