アンビリーバボーで出ていたよ アンストッパブル 2011年1月7日日本公開


                     
ストーリー
ペンシルバニアで、大量の化学薬品とディーゼル燃料を搭載した最新式貨物列車が、整備ミスにより暴走してしまう。ベテラン機関士のフランクは、初めてコンビを組むウィルとともに暴走列車を止めようと奔走する。



この映画は実際におきた列車暴走事故をもとに作られていて、テレビの「アンビリーバボー」にも再現されたVTRを使いながら放送されたことがあるので、この映画を観る前からもうオチがどうなるのかは知っている方もいるでしょう。しかしテレビの再現VTR、演出の仕方と映画ではやっぱり比べものにならないので、もう一度映画という視点から観るのもいいかもしれません。監督はトニー・スコットで、「デジャヴ」「サブウェイ123 激突」でデンゼル・ワシントンはタッグを組んでいます。  「サブウェイ123」と題材が列車で同じ、監督も同じ、主人公も同じ、いろいろ似ていますね。


出演 デンゼル・ワシントン

   

原題 
Unstoppable
邦題 
アンストッパブル
アメリカ公開日 2010年12月12日
日本公開日    2011年1月7日 
上映時間       1時間38分
制作費 約100億円
北米週末3日間売上 約22億円

アメリカでの評価 B


この記事へのトラックバック
最近の記事