批評家からストーリー・映像共にボロクソに言われた映画 デビルクエスト 2011年 7月30日 日本公開

               
ストーリー
舞台は14世紀、十字軍遠征からフランスに帰郷した騎士は、ペストの大流行により街が崩壊しているのを目の当たりにする。教会は、街にペストをもたらした魔女の嫌疑をかけられている少女を、悪魔払いが行われている遠方の聖堂に護送するため2人の騎士を雇う。

日本でも結構名の知れているハリウッドスターの一人で1年に複数本映画に出演していて稼いでるにもかかわらず、なぜか差し押さえなどのお金に関する悪いニュースしか流れてこないニコラス・ケイジは、アメリカでは1月から公開されている映画に主演として早速スクリーンに現れています。しかし公開されたら一般の観客からもそしてもちろん批評家からもダメだしを食らっているようです。特に批評家からはボロクソ言われているようで、売上面でも世界的に売上が少なく、失敗作と言ってもいいでしょう。監督のドミニク・セナは「60セカンズ」の監督でもありニコラス・ケイジとの久しぶりのタッグということだったのですがうまくはいきませんでした。あらすじを見る限りでは日本でも「あっ、前からこの映画すごく観たかったんだよな」と積極的にレンタルするような作品ではないと言っていいでしょう。
 アメリカ公開から約半年後に日本公開なのですが、原題のSeason of the Witchから日本ではデビルクエストという題名になりました。なんかB級臭い感じがするような・・・。
原題
  Season of the Witch
邦題
デビルクエスト

アメリカ公開日      2011年1月7日
 日本公開日     2011年7月30日
上映時間       1時間38分
制作費      約40億円


キャスト
ニコラス・ケイジ

この映画の儲かった度数 D-

アメリカでの評価 C+
批評家からの評価 D







トップページ


 
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/181833751
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最近の記事