2011年前半上半期の大コケ映画

2011年上半期にアメリカで公開された映画の中で
大コケだった映画ランキング(ハリウッドレポーター紙公表)

1位
少年マイロの火星冒険記
約150億円という莫大な制作費に対して世界で50億円も売り上げられず
その後制作会社は閉鎖


 
2位
Your Highness
ブラック・スワンのナタリー・ポートマンも出演しているのですが成功とはならず


3位
Arthur


4位
Prom


5位
Judy Moody and the Not Bummer Summer


6位
グリーン・ランタン
制作費約200億円という莫大な予算をかけた超大作でも赤字映画
しかし制作会社は続編に意欲的



7位
プリースト
サマームービーの一角として公開された3D映画だったのですが売上は伸びず


8位
エンジェル・ウォーズ
300(スリーハンドレッド)やウォッチメンの監督でも売上イマイチ


9位
Hoodwinked Too! Hood VS. Evil
シリーズ2作目で、3Dアニメながら大コケ


10位
The Beaver
女優のジョディ・フォスター監督作だったのですが売上では苦戦

 

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/218358907
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最近の記事