原題は(髪が)ほつれたなどの意味がある「タングレド」 邦題は「崖の上のポニョ」っぽい語感の題名 3D映画 塔の上のラプンツェル 



ストーリー
逃亡中の盗賊フリン・ライダーは、山奥に高い塔を見つける。塔に入ったフリンは、髪が驚くほど長い少女ラプンツェルと出会う。彼女は18年間、塔の中だけで生活してきたがフリンとともに外の世界へ冒険の旅に出ることになる。


グリム童話の「髪長姫」を3Dアニメ化した、ウォルト・ディズニー・スタジオが製作する記念すべき長編アニメ50作目の作品です。もともと題名は「ラプンツェル」の予定だったそうですが、「Tangled」に変更になりました。日本では「塔の上のラプンツェル」と、原題とは全く違う題名で、ジブリ映画の「崖の上のポニョ」を意識させるような邦題になっています。

この映画の制作費がなんと260億円というかなり莫大な金額が使われていて、歴代の制作費ランキングトップ10にも入るくらい、相当な制作費が投入されています。トイ・ストーリーが記録を最近作ったアニメで最も高い制作費200億円というのをあっという間に上回りました。映像は高い制作費に比例するかのようにとても綺麗な映像に仕上がっていて、10年前まではCGアニメで描くことが難しかった髪の表現は素晴らしいの一言につきます。そもそもその表現の難しい髪を題材にしているストーリーなので、時代の進歩は話の内容まで豊かにしてくれるのではとも思いました。


原題 Tangled
邦題 塔の上のラプンツェル
アメリカ公開日 2010年11月24日
日本公開日    2011年3月12日 
上映時間       1時間40分
制作費         約260億円
北米週末3日間売上 約48億円

この映画の儲け度数 B
アメリカでの評価 B+








宇宙人?SF

今ハリウッドで人気急上昇しているミッション・イン・ポッシブル3のJ・J・エイブラムス監督が、スピルバーグと手を組んで作ったSF映画映画Super 8という名前の映画が来年公開されます。 話の内容はまだ公表されておらず、数カ月前に短い予告編が出されただけで、極秘に映画制作が進んでいるようです。その予告編はセリフがなく、映像だけで、なにやら宇宙人がらみの大作映画になりそうです。なんか予告編中に謎が隠されているそうですが、自分は面倒くさくてやりませんでしたが、中にはその謎を解いた方がいて、ホームページにアップしていました。(英語だからわからな〜い)



「300(スリーハンドレッド)」の主人公が復讐する映画 完全なる報復 2011年 1月22日 日本公開日

 

ストーリー
    

クライドの妻子を惨殺した犯人が、担当検事ニックの独断による司法取引によって極刑を免れた。それから10年後、短い刑期を終えた犯人が惨殺される。クライドは自分が殺したことを認め、法の不備が認められなければ、殺人事件の裁判に関わった者の殺害すると予告。クライドは収監されるが、その間にも一人また一人と暗殺が実行されていく…。

この映画はアメリカでは一年前に公開され、現在レンタル屋さんで、新作どころか旧作で貸出されています。日本ではなかなか公開決定されなかったので、映画館で公開されずにDVDで出すのかと思ったのだけれども、最近になって2011年に公開されることが決まりました。なぜこんなに遅くなったのかはわからないです。どうせだったらすぐにDVD出せばよかったのにCD
話の内容としてはサスペンス要素がありそうな見ごたえある復讐劇になっています。
出演者は今ノリに乗ってる「300(スリーハンドレッド)」のジュラルド・バトラー(オペラ座の怪人などにも出演、つまり歌がうまい)が復讐する主人公です。



原題 
Law Abiding Citizen
邦題 完全なる報復
アメリカ公開日 2009年10月16日
日本公開日    2011年1月22日
上映時間       1時間48分
制作費          50億円
北米週末3日間売上 約20億円
最終売上(北米)約70億円 世界売上約130億円

この映画の儲け度数 C
製作国での評価 B









パラノーマル・アクティビティ2

原題 Paranormal Activity 2
邦題 パラノーマル・アクティビティ2
アメリカ公開日 2010年10月22日
日本公開日 2011年2月公開
上映時間 1時間31分
制作費 約3億円
北米週末3日間売上 約40億円
予想最終売上(北米)約80億円 予想世界売上約120億円

アメリカでの評価 B



前作のヒットを受けてすぐに作られた本作でも、制作費がなんと3億円というハリウッドでは信じられない低予算で完成させてしまいました。 そしてアメリカの初日から3日間の売上が40億円で、かなりの大ヒットとなりました。予想として前作の二番煎じ感が否めないので、あまり観客に受け入れられないのかと思ったのだけれどもヒットし、さらに映画を観た観客からの評価もまずまずだそうで、映画業界からも驚きの声が聞こえています。 ソウシリーズみたいに続編が作られる可能性があるでしょう。
ただ映画のポスターを見る限り、前作のポスターと比べて2という文字が追加されている以外何が変わったのかわからないです。


 

実はバットマンと同じ出版社のアメリカンコミックの映画化 RED/レッド 2011年1月29日 日本公開

               ストーリー
元CIAの腕利きスパイ、フランクは引退後の日々を静かに送っていたが、ある日突然何者かの襲撃を受ける。調査の結果、背後にCIAが絡んでいることを割り出した彼はかつて共にした仲間たちを招集。イギリスの元MI6諜報部員ら引退した超一流のスパイたちが続々と集まる。

豪華キャストが競演する極上のスパイ映画で、やっぱりブルース・ウィリスはこういう役が一番似合うんだなと改めて証明した映画でもあるといえます。 他の共演者とのアンサンブルは素晴らしく、この映画の見所でしょう。
この作品はスーパーヒーローがよく描かれるアメリカのコミック(バットマンやスーパーマンのDCコミック社)の映画化でもあります。(スーパーマンみたいに空を飛んだりする特殊能力は出てこないよわーい(嬉しい顔)


アメリカでの評価 B

キャスト
ブルース・ウィリス
モーガン・フリーマン
ヘレン・ミレン
ジョン・マルコビッチ

原題 Red
邦題 
RED/レッド
アメリカ公開日 2010年10月15日
日本公開日     2011年1月19日
上映時間    1時間51分
制作費      約55億円
北米週末3日間売上 約20億円
予想最終売上(北米)約60億円 予想世界売上約150億円




アメリカのおバカな映画 ジャッカス3D 2011年3月26日 日本公開


ストーリー
なし

とにかくアメリカ人がくだらないことを一生懸命やったという映画です。この映画が日本で数年後の日曜洋画劇場などで”地上波初登場”!TVといったことは絶対にないでしょう。断言できます。
日本でも劇場公開することが決定されたようです。アメリカではそこそこヒットしたのですが日本では週間ランキングトップ3に入るのか気になります。(多分無理)


原題 Jackass 3-D
邦題 ジャッカス 3D
アメリカ公開日 2010年10月15日
日本公開日     2011年5月6日
上映時間       1時間34分
制作費          約20億円
北米週末3日間売上 約50億円
予想最終売上(北米)約125億円 予想世界売上約150億円

 

トップページ

ハリウッドスターが監督した映画が批評家から絶賛 ザ・タウン 2011年2月5日 日本公開

              ストーリー
全米一、銀行強盗発生率の高い街ボストン・チャールズタウンで育ったダグは強盗を繰り返していた。だがある日、強盗に入った銀行の行員クレアに一目惚れをしてしまう。そんなダグにFBIの捜査の手が迫る…。

ハリウッドスターであるベンアフレックが監督・主演した映画になっていて、アメリカではそこそこのヒットになっています。最近ベンアフレックは映画で見ないなとか思っていたら監督をしていたのですね。 そして自分が主演とはいい考えを思いついたのだと思います。しかしこの映画はなかなかの評価を得ていて、見ごたえのある内容になっているそうです。ちなみにこのポスターのマスクをかぶっている俳優さんはあのハートロッカーの主人公です。主人公よりいかにも悪役で、演技もうまいと思いました。最近ではミッション・インポッシブル ゴーストプロトコルにも出演されており、スターの階段を上がっているようです。

原題 The Town
邦題 ザ・タウン
アメリカ公開日 2010年8月30日
日本公開日    2010年2月5日
上映時間       2時間3分
制作費          約35億円
北米週末3日間売上 約23億円
最終売上(北米)約80億円 世界売上約105億円

ピラニア3D

原題Piranha 3D
アメリカ公開日 2010年8月30日
日本公開日 2011年8月27日
上映時間 1時間29分
制作費 約24億円
北米週末3日間売上 約10億円
最終売上(北米)約25億円 世界売上約65億円

 

ストーリー
 

毎年町外から45000人以上の学生がやってくるビクトリア湖。例年は、酔っ払いの学生とそれに対する地元の老人からの苦情に悩まされていた町役場だったが、今年は湖に突如として発生した外来種の人食い魚の対応に迫られることになる…。

アメリカ人好きそうだなぁこんな映画わーい(嬉しい顔) しかし残念ながら売上はイマイチ右斜め下 3Dホラーの題材としては悪くないような気はするけど、なんでもかんでも3Dにすればいいってもんじゃないということをアメリカ映画関係者に教えてくれました。 しかし配給元は大成功だったので続編を作りたいといったことを発表したようです。負けず嫌いなのか?


最近の記事