キス&キル 2010年12月3日公開予定


          
ストーリー
政府に雇われている凄腕殺し屋スペンサーは、ニースでの勤務中にアメリカからの旅行者ジェニーと出会い、結婚して3年、普通に暮らしていた2人だったが、ある日ジェニーが帰宅すると、スペンサーが急襲される。自分の命に高額の賞金が賭けられていることを知ったスペンサーはジェニーとともに逃亡を図るが…。


出演者
アシュトン・カッチャー
キャサリン・ハイグル


原題 Killers
邦題 
キス&キル
アメリカ公開日 2010年6月4日
日本公開日    2010年12月3日
上映時間       1時間40分
制作費          75億円
北米週末3日間売上 約15億円
最終売上(北米)約45億円 世界売上約90億円

アメリカでの評価 C

伝説の女性飛行士 アメリア・イヤハートの映画化 アメリア 永遠の翼 劇場公開 2010年11月27日 DVD・BD販売・レンタル開始日 2011年4月2日

                   ストーリー
女性で初めて大西洋を横断した伝説の飛行士アメリア・イヤハートの生涯を描く伝記映画。
華々しい偉業を成し遂げたアメリアは、夫の支えのもと、世界一周飛行という最後の挑戦に挑む。


アメリアといっても誰?と日本人は馴染みのない人が多いと思うのですが、アメリカでは有名な女性飛行士で、様々な記録を作っています。
他の映画でもアメリアは描かれていて、例えば「ナイト・ミュージアム2」で主人公のヒロインとしてエイミー・アダムスが演じていた女性飛行士のあの役がアメリアです。 エイミー・アダムスといえばディズニー映画「魔法にかけられて」の主人公で有名になったのですが、その「ナイト・ミュージアム2」でのアメリアを好演していたのですが、今回演じたヒラリー・スワンクも冒険家の女性飛行士をうまく演じています。 


原題
                   Amelia
邦題           
アメリア 永遠の翼
アメリカ公開日 2009年10月23日
日本公開日   2010年11月27日
DVD・BD販売・レンタル開始日 2011年4月2日
上映時間      2時間00分
制作費         40億円
北米週末3日間売上 約4億円
最終売上(北米)約14億円 予想世界売上約20億円

アメリカでの評価 C+
日本での評価 C


     

バンパイア映画 デイブレイカー



ストーリー 
永遠の命を持つバンパイアによって世界が支配されている2019年。人類は絶滅寸前で、バンパイアに必要不可欠な人間の血液も底を突きかけていた。血液の代用を探すバンパイアの研究者エドは、人類の生き残りオードリーと出会い、バンパイアと人類の双方を救済できる驚くべき方法を知るが、バンパイアと人類は最終戦争に突入してしまう。

珍しくオーストラリアとアメリカの合作映画だそうで、アメリカでは2010年の1月に公開されています。劇場では公開されずにそのままDVDで販売・レンタルされる映画になるのかなと思っていたのですが、日本でも劇場公開されるようです。 バンパイアと人間の戦いなどの映画は数多くあるのだけれども、この映画はすでに人類は絶滅危機、世界はバンパイアが支配しているという状況のもとで様々なことが起こっていくストーリーになっています。最近はトワイライトなどのバンパイア映画がたくさん作られるようになって、物語の内容もラブストーリー中心のバンパイア映画からSF近未来、ファンタジーなどいろいろなバンパイア映画がどんどん作られてきています。来年もトワイライト第4作も公開されるということで、人気は続くのかもしれません。


原題
 Daybreakers
邦題 デイブレイカー
アメリカ公開日 2010年1月8日
日本公開日 2010年11月27日
上映時間 1時間38分
制作費 20億円
北米週末3日間売上 約15億円
最終売上(北米)約30億円 予想世界売上約55億円



 

2010年12月3日 日本公開 ゲーマー

       ストーリー    
2034年、オンライン・ゲーム「スレイヤー」では、脳手術を施された囚人が、プレイヤーたちに遠隔操作され激戦を繰り広げていた。そんななか、無実の罪で投獄されたケーブル(バトラー)は、愛する妻と娘に会うため「スレイヤー」の世界から抜け出す。

なんとなく遠隔操作という点でアバターに少し似ているところがあるのですが、この映画はアバターの雰囲気とは全く違うかもしれません。 アメリカでは2009年に公開されており、あのアバターよりも早く公開されています。ちょっと暴力的に描かれている映画で、近未来の話なんですが、SFというよりも全体的にアクション映画になっています。 デスレースという映画も囚人たちが視聴者人気テレビ番組のなかで危険なカーレースショーを行うという映画があるので、もしかしてそれにインスピレーションを受けて作ったのかもしれません。

原題 GAMER
邦題 ゲーマー
アメリカ公開日 2009年9月4日
日本公開日 2010年12月3日
上映時間 1時間35分
北米週末3日間売上 約9億円
最終売上(北米)約20億円 予想世界売上約45億円

アメリカでの評価 B-


トイストーリー3

DVD販売・レンタル 11月3日(水)
ストーリー
カウボーイ人形のウッディやバズ・ライトイヤーらの持ち主アンディは大学進学が決定し、おもちゃを整理することになったが、母親の手違いなどにより、おもちゃたちは保育園に寄付されてしまう。アンディに捨てられたと思いこみ傷心のおもちゃたちだったが、ウッディはただ一人アンディを信じて保育園からの脱出を試みる。



ストーリーを聞いたら普通のアニメのようですが、世界一のアニメ製作所ピクサーが作っているということもあって、おもちゃの活躍などは見ているだけで面白くあらゆる場面で笑わすところがあり、物語のテンポも良く終盤のクライマックスの展開などもよく出来ていて最後のエンディングはうまくトイストーリーシリーズを締めくくっています。 世界で初めて長編3DCGアニメ(メガネの3Dじゃなくて、奥行きがある2dアニメ 例えばワンピースとかは奥行きが無い2dアニメ)を製作したトイ・ストーリー1は当時では信じられないくらいの技術で、一つのアニメ製作所では1年に一つしか作られないほどの高度な技術でした。最近はコンピューターの進歩で年に複数本制作できるようになった現在は映像の質も光沢感や物の反射などが比べものにならないほど進化しています。主人公ウッディを見てもトイ・ストーリー1と3とではより3が本物のおもちゃに近づいています。本作はアニメ史上世界一予算をかけた作品であるため、映像はもちろん素晴らしく、特にブルーレイで観たら鮮明な画像が楽しめる作品になっています。



原題 Toy Story3
邦題 トイストーリー3
アメリカ公開日 2010年6月18日
日本公開日 2010年7月10日
上映時間 1時間43分
制作費 200億円
北米週末3日間売上 約110億円
最終売上(北米)約410億円 世界売上約1000億円

アメリカでの評価 B+
日本での評価  A+




トップページ


シュレック フォーエバー 2010年12月18日公開

            
ストーリー
怪物シュレックは長年「遠い遠い国」の王座を狙っていた魔法使いの罠にはまり、もう一つの「遠い遠い国」に送り込まれてしまう。何が何だかわからないシュレックは、フィオナ姫ほか、仲間たちに声をかけるが、誰もがシュレックを知らないという…。

シュレックシリーズ最終作endということで、制作しているドリームワークスは代わりにヒックとドラゴンをシリーズ化していくそうです。
4作目で終わりという珍しい終わり方のシュレックフォーエバーなんですが、話の内容はシュレックがもうひとつの世界に送りこまれるということで、シュレックワールドが期待できそうです。1と2程の勢いはないのですが、やっぱり物語にでてくるシュレックとドンキーのコンビは面白く、他のアニメ制作者がこのコンビを目指して真似していると言われています。今回は3Dということもあって、期待できる作品だと言えるでしょう。 
話は違うけどキャメロンディアスの声を日本では藤原紀香が担当しているのですが、顔は似てないけどなんかキャラが似てるような気がします。
ブティック




原題

Shrek Forever After
邦題 シュレック フォーエバー
アメリカ公開日 2010年5月21日
日本公開日 2010年12月18日
上映時間 1時間33分
制作費 160億円
北米週末3日間売上 約70億円
最終売上(北米)約230億円 予想世界売上約750億円

アメリカでの評価 B−



ゲームの世界観を映像化した映画 スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍 2011年4月 日本公開

                      ストーリー
売れないバンドのスコット・ピルグリムは、ある日不思議な女性ラモーナに出会い、すぐさま恋に落ちる。だが、ラモーナと付き合うためには、彼女の邪悪な元彼7人と決闘をして、すべてを倒さなければならなかった…。


カナダのコミックを映画化したもので、ゲームの雰囲気を映画内に取り込むことによって独特の雰囲気をかもし出しています。  この映画が他の映画と大きく異なる点は、原作のコミックより早くこの映画の脚本が完成したところです。 いくら原作の映画化がブームといってもここまでくるとは・・・本



原題 
Scott Pilgrim vs. the World
邦題 スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団
アメリカ公開日 2010年8月6日
日本公開日    2010年公開予定
上映時間       1時間53分
制作費          約60億円
北米週末3日間売上 約10億円
最終売上(北米)約30億円 世界売上約45億円




 

エクスペンダブルズ

邦題 エクスペンダブルズ
原題 The Expendables
アメリカ公開日 2010年8月13日
日本公開日 2010年10月16日
上映時間 1時間43分
制作費 約80億円
北米週末3日間売上 約25億円
 →最終売上(北米)約100億円 予想世界売上約260億円



豪華キャストのこの作品は、いかにもスタローンらしいアクション満載パンチの映画なんだけれども、最近は沈黙シリーズのような男のアクション映画むかっ(怒り)が少なくなってきているので、こういう映画は久しぶりだなと思いました。
ただシュワちゃん目当てで観たらちょっと出番が少なくてがっかりすると思います。でもそれをさしひいても豪華なキャストだと思います。

最近の記事