Disney's クリスマス・キャロル DVD・BD販売・レンタル開始日 2010年11月17日

             ストーリー
町の嫌われ者スクルージは、金が全てと考える天涯孤独の男。クリスマス・イブの夜、かつてのビジネス・パートナーの亡霊が現れ、その翌日から「過去の亡霊」「現在の亡霊」「未来の亡霊」が一夜ずつスクルージを時間の旅へと連れ出す。

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のロバート・ゼメキス監督はいつからかアニメを進んで作るようになって、最初は「ポーラー・エクスプレス」、その後も「ベオウルフ」、そしてこの映画も最新の技術を駆使して作られたアニメです。モーションキャプチャーというアバターでも取り入れた技術を使用していて、実際の演技をデータ化して映像を作る手法で作っています。 一部のファンからは、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズのような実写の映画を作ってくれという声があるのですが、アニメの道を極めたいのか、俳優の演技をアニメに変換する技術など、率先して取り入れたりと、今後も実写映画を取る予定はないそうです。じゃあ「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の続編をアニメで作るというのはだめなのかな?

原題
 A Christmas Carol
邦題
Disney's クリスマス・キャロル
アメリカ公開日     2009年11月6日
日本公開日         2009年11月14日
上映時間           1時間36分
制作費            200億円
北米週末3日間売上 約30億円
最終売上(北米)約135億円 世界売上約320億円


アメリカでの評価 B
日本での評価  B−


 

アバター

邦題 アバター
原題 Avatar
アメリカ公開日 2009年12月18日
日本公開日 2009年12月23日
上映時間 2時間42分
制作費 200億円以上(インターネット上で出回っている制作費は噂の金額の為詳細な金額は特定できず)
北米週末3日間売上 約75億円
 →最終売上(北米)約750億円exclamation×2 世界売上約2700億円exclamation×2exclamation×2exclamation×2





ストーリー
22世紀、人類は地球から遠く離れたパンドラで<アバター計画>に着手していた。この星の先住民ナヴィと人間のDNAを組み合わせた肉体<アバター>を創ることで、有毒な大気の問題をクリアし、莫大な利益をもたらす鉱物を採掘しようというのだ。この計画に参加した元兵士ジェイクは車椅子の身だったが、<アバター>を得て体の自由を取り戻す。パンドラの地に降り立ち、ナヴィの族長の娘ネイティリと恋に落ちるジェイク。しかし彼はパンドラの生命を脅かす任務に疑問を抱き、この星の運命を決する選択を強いられていく…。

ストーリーは環境問題や途上国開発問題に彷彿させるシンプルな骨組みで、普通すぎてつまらないといった意見や、今の世の中とリンクしていて考えさせられたなど、様々な意見があるのだけれども、この映画は3Dという言葉を世界に発信した記念すべき作品といっても過言ではない映画です。この映画の大成功がなければ現在の3Dブーム・技術は数年遅れていたでしょう。この映画が2Dだとしても、新たな映像革命ともいえます。なぜならかなりの割合でCGが多用されていて、もちろんあの主人公のアバターもCGです。 技術の進歩は凄いですねひらめき













最近の記事