大人に成長した赤ずきんが主人公 赤ずきん 2011年 6月10日 日本公開


ストーリー
大人に成長した赤ずきんは、幼なじみピーターと、親が決めた婚約者の2人の男の間で揺れていた。親の反対を押し切りピーターと駆け落ちすることを決めたのだが、赤ずきんの姉が何者かに殺される事件が発生。魔物ハンターのソロモン神父は、満月の夜にオオカミに変身する人狼の仕業だという。

製作者の一人にレオナルド・ディカプリオがいるのですが、そのディカプリオがこの映画の発案者だそうです。監督にはアメリカで爆発的な人気シリーズのヴァンパイア映画「トワイライト」の一作目を担当した監督です。グリム童話で有名な「赤ずきん」のその後を描いた作品で、主人公も大人になっていて、話の内容はグリム童話では子供向けだったのですがこの映画は大人が見れる作品になっています。

原題 Red Riding Hood
邦題 赤ずきん
アメリカ公開日 2011年3月11日
日本公開日  2011年6月10日
上映時間  1時間40分
制作費      40億円

キャスト
アマンダ・セイフライド

この映画の儲かった度数 C−

製作国での評価 C



トップページ

世にも奇妙な物語にありそうな話 アジャストメント 2011年 5月27日 日本公開



ストーリー
バレリーナのエリースに一目ぼれした政治家のデビッドは、決められた運命を逸脱しないよう世の中を監視している「アジャストメント・ビューロー(運命捜査局)」に拉致されてしまう。同局は、決定されている運命では出会う事はないデビッドとエリースを引き離そうとするが、2人はその決められた運命にあらがう。

「ボーンシリーズ」の第三作目「ボーン・アルティメイタム」の脚本を担当した方が初めて監督に抜擢、そして「ボーンシリーズ」のマット・デイモンが主人公を演じます。
この映画は「ペイチェック 消された記憶」や「マイノリティ・リポート」など、数々の作品が映画化されてきたフィリック・K・ディックが書いた小説が原作になっています。決められた運命になるように世界中を監視するという設定は、世にも奇妙な物語SMAP編で香取慎吾が演じた、世の中の人々全員が話す言葉全部が台本を読んで生活している「エキストラ」に少し似ているような気がします。この物語のオチはハッピーエンドと思いきやまさかの結末だったのですが、この映画はどのような展開が待っているのでしょうか?

原題 The Adjustment Bureau
邦題 アジャストメント
アメリカ公開日 2011年3月4日
日本公開日  2011年5月27日
上映時間  1時間39分
制作費      50億円

キャスト
マット・デイモン

この映画の儲かった度数 C
製作国での評価 B




元プロレスラーの主人公が大暴れ ファースター 2011年 5月21日 日本公開



ストーリー
銀行強盗を働いた際に仲間の裏切りで兄を亡くしたジェームズは、刑期を終え出所すると、裏切り者の処刑を始めるのだが、引退を控えたベテラン刑事やヒットマンがジェームズの前に立ちはだかる。

元プロレスラーからのハリウッド転身でアクション映画中心に活躍してきた主人公を演じるザ・ロックは、2011年10月日本公開のワールドスピード・MEGAMAXにシリーズ初登場して、さらにアクション映画に出演することになっています。批評家からは映画と合っていると高評価だったのでシリーズ常連になるかもしれません。確かにワイルドスピードにお似合いのザ・ロックですが、デビュー作は「ハムナプトラ」でスコーピオン・キングを演じ、後にスピンオフされたことがあります。

原題 Faster
邦題 ファースター 怒りの銃弾
アメリカ公開日 2010年11月24日
日本公開日  2011年5月21日
上映時間  1時間38分
制作費      24億円
世界売上 約35億円

キャスト
ザ・ロック

この映画の儲かった度数 D
(全体的に売上不振 特に北米以外の世界的には大不振)

製作国での評価 B






トップページ

本当は主人公は踊っていない? ブラック・スワン 2011年 5月11日 日本公開


ストーリー
元バレリーナの母とともにダンスに人生をつぎ込むくらいに励んでいたバレエ団に所属するニナに「白鳥の湖」のプリマを演じるチャンスが巡ってくるが、新人ダンサーのリリーが現れ、ライバルとなる。役を争いながらも友情を育む2人だったが、やがてニナは自らの心の闇にのみ込まれていく。

監督は前作「レスラー」で批評家から高評価を得たダーレン・アロノフスキーで、主演は2011年には出演映画がなんと5本もある今引っ張りだこの女優ナタリー・ポートマンが演じます。この映画の見所の一つであるナタリー・ポートマンのバレエなのですが、バレエダンサーが上映中のバレエシーンの約9割は私が踊ったと暴露していて、その後に監督がちゃんとナタリーが演じていると否定するコメントを出したのですが、真偽の程はどうなんでしょうか?

原題 Black Swan
邦題 ブラック・スワン
アメリカ公開日 2010年12月3日
日本公開日  2011年5月11日
上映時間  1時間43分
制作費  13億円
世界売上 約300億円

キャスト
ナタリー・ポートマン

この映画の儲かった度数 A+
(13億円というハリウッドではかなり少ない制作費で世界売上300億円突破)

製作国での評価 B+






トップページ

「ボーンシリーズ」+「96時間」=「アンノウン」 2011年 5月7日 日本公開

               

ストーリー
医学博士のマーティンは妻とともに学会に出席するために行ったベルリンの宿泊するホテルに向かう途中で交通事故に遭う。病院で意識を取り戻したハリスだったが、妻にはその存在すら認識されず、全く知らない男が自分になりすましていた。


主演のリーアム・ニーソンは過去に「シンドラーのリスト」 「スターウォーズエピソード1」 「バットマン・ビギンズ」などの作品に出ており、最近でも「特攻野郎Aチーム」にも主演していて、意外と大作に出ているハリウッドスターで、2009年に公開された「96時間」でもあった高い身長から繰り広げられるアクションシーンは他の俳優では見られないリーアム・ニーソン節炸裂です。

原題 Unkown
邦題 
アンノウン
アメリカ公開日 2011年2月18日
日本公開日  2011年5月7日
上映時間  1時間49分
制作費   30億円

キャスト
リーアム・ニーソン

この映画の儲かった度数C+

製作国での評価 B





                


 






トップページ

今アメリカで人気な歌手のドキュメンタリー3D ジャスティン・ビーバー ネヴァー・セイ・ネヴァー 2011年 5月 7日 日本公開



ストーリー
カナダ出身の歌手のジャスティン・ビーバーのドキュメンタリー3D。ニューヨークのマディソンスクエアガーデンで行われたライブ映像も3Dで上映。

アメリカではかなり有名なジャスティン・ビーバーのドキュメンタリー3Dです。いくらアメリカで人気だからといってスターになるまでの映像などを編集して映画にするというのもすごい話だけど、さらには3D上映というのももっと凄い(2D上映はなし)。 ライブ映像の3Dもあるのでファンにはたまらない作品になっています。ちなみにこの映画のサブタイトルの「ネヴァー・セイ・ネヴァー」は2010年に公開された「ベスト・キッド」の主題歌の名前になっています。

原題 Justin Bieber:Never Say Never
 
邦題 ジャスティン・ビーバー ネヴァー・セイ・ネヴァー
アメリカ公開日 2011年2月11日
日本公開日  2011年5月7日
上映時間  1時間45分
制作費   13億円

キャスト
もちろんジャスティン・ビーバー

この映画の儲かった度数C+
製作国での評価 D







トップページ


今作からディズニーは撤退 ナルニア国物語 第3章 アスラン王と魔法の島 2011年 2月25日 日本公開



ストーリー
前作に初登場したカスピアン王子が、再びナルニアにやってきたルーシーとエドマンド、そして彼らの従兄弟ユースチスと共に東の海を目指して航海に出る。


全2作までウォルトディズニーが製作していたのですが、FOXに映画権を売り出しシリーズの途中から映画制作会社が変わるという珍しいことがありました。 ということでやっぱり前作までのナルニアらしいファンタジー要素は受け継がれているのか心配だったのですが、いざ観てみたら想像した以上にディズニー版ナルニアを継承させていたように思います。今回シリーズ初の3Dということもあり出来が気になったのですが、予告編でも出ていた波のシーンはきれいな映像でした。この場面では3Dの威力が発揮されていました。  しかし、ストーリーではあの恐竜がいい味出していました。

原題 The Chronicles of Narnia
The Voyage of the Dawn Treader  

邦題 
ナルニア国物語 第3章 アスラン王と魔法の島
アメリカ公開日 2010年12月10日
日本公開日    2011年2月25日
上映時間       1時間52分
制作費          155億円
北米週末3日間売上 約24億円

この映画の儲かった度数 B- (アメリカでは前作より興収は落ちるが世界ではヒット)

製作国での評価 B











トップページ

アメリカでは二大スター共演の割には予想外の売上 ツーリスト



ストーリー
イタリアへ傷心旅行にやって来たフランクは、ナゾの美女エリーズと運命的な出会いを果たす。しかし、彼女と恋に落ちたフランクは巨大な陰謀に巻き込まれていく。


監督は「善き人のためのソナタ」で有名になったドイツ人なのですが、まさかこんなアンジェリーナ・ジョリーとジョニー・デップの超豪華競演映画の監督に大抜擢されるとは思いもしませんでした。さらに驚いたのはラブストーリーだと思ったのですがサスペンス的な要素も入っているストーリーになっています。撮影の際はあまりにも見物客が多すぎて撮影を一時中断したりと二大スターの共演ということもあり撮影は大変だったそうですが無事に完成したようです。
2005年のフランス映画をリメイクした作品となっています。

キャスト
アンジェリーナ・ジョリー
ジョニー・デップ

原題 The Tourist
邦題 ツーリスト
アメリカ公開日 2010年12月10日
日本公開日    2011年3月5日
上映時間       1時間43分
制作費          100億円
北米週末3日間売上 約16億円

この映画の儲かった度数 B (アメリカでは予想より下回るが世界的に大ヒット)

アメリカでの評価 C+








トップページ

 
最近の記事